スムージーピュアライフ

スムージーでダイエット・美肌・腸活を応援!

酵素入りスムージーの3つの効果とは?【おすすめレシピと商品も解説】

酵素入りスムージーの3つの効果とは?【レシピとおすすめ商品も解説】

  • 酵素入りスムージーって、普通のスムージーと何が違うの?
  • どんな効果があるの?
  • 自宅で作れるの?
  • 酵素入りスムージーって沢山売ってるけど、おすすめ商品はどれ?

今回は、このような疑問に答えます。

 

そもそも「酵素って何?」と思われる方が多いと思います。

 

酵素は生の野菜や果物多くに含まれ、摂取することで代謝が上がり、美容や健康効果を発揮します。

 

僕は食品の研究員として10年以上、健康食品について研究してきました。


またスムージースペシャリストの資格を取得し、スムージーを毎朝飲むことで、その健康効果を体感しています。

 

著者のスムージーの知識と経験
  1. スムージースペシャリスト資格を取得。
  2. 大手食品メーカーで11年間、食品の研究開発を経験。また1年半、食品のマーケティング業務を経験。
  3. スムージー飲用歴1年。

 

そこでこの記事では

  1. 酵素入りスムージーとは何か?
  2. 酵素入りスムージーの効果
  3. 酵素入りスムージーのおすすめレシピ
  4. 酵素入りスムージーのおすすめ商品
について解説したいと思います。
 

 

 

 

酵素入りスムージーとは非加熱で作られたスムージー

スムージーは製造方法により4種類に分類されます。

  1. 生の野菜と果物などをミキサーで作るスムージー(自宅で作るスムージー)
  2. 加熱殺菌して作られる飲料タイプのスムージー(市販品)
  3. 非加熱で作られる粉末タイプのスムージー(市販品)
  4. 加熱殺菌して作られる粉末タイプのスムージー(市販品)

酵素入りスムージーとは非加熱で作られたスムージー

 

このうち
1,生の野菜と果物などをミキサーで作るスムージー(自宅で作るスムージー)と、3,非加熱作られる粉末タイプのスムージー(市販品)が酵素入りスムージーと呼ばれるものです。

 

食品中の酵素は48℃以下で調理しないと変性して利用できなくなるからです。

 

よって、非加熱で作られたスムージーが酵素入りスムージーになります。

自宅のミキサーで作るスムージーも、立派な酵素入りスムージーです。

 

 

酵素入りスムージーの効果

美肌、便秘解消、ダイエットに効果が高い

美肌、便秘解消、ダイエットに効果が高い

 

酵素入りスムージーに美肌、便秘解消、ダイエットの効果に期待できるのは、代謝が上がるためです。

 

代謝とは、主に細胞の入れ替えや組織の修正、老廃物の排泄することです。

 

代謝が上がることにより、体内で4つの効果が期待できます。

  1. 肌細胞の入れ替えや修復が行われる。
  2. 老廃物である便が、スムーズに排出される。
  3. 老廃物が脂肪細胞に蓄積されない。
  4. 基礎体温が上がり、エネルギー消費量が多くなる。

 

美肌、便秘解消、ダイエットに効果が高い

 

この4つの効果により、美肌、便秘解消、ダイエットの効果が期待できます。

 

酵素入りスムージーを飲むと、代謝が上がる理由

代謝酵素を多く利用できるため

まず酵素について説明をします。

 

酵素とは体内や食べ物に存在するアミノ酸のことです。 

 

酵素は、生の食べ物に入っている食物酵素と、体内にある体内酵素に分類されます。

 

酵素とは

 

体内酵素は更に、消化酵素代謝酵素に分類されます。

  • 消化酵素は、食べたものを消化をする際に利用される。
  • 代謝酵素は、細胞の入れ替えや組織の修正老廃物の排泄などに利用される。

 

酵素入りスムージーを飲むと代謝が上がる理由

 

美肌、便秘解消、ダイエット効果を得るには、体内酵素中の代謝酵素を多く利用する必要があります。

 

しかし、1日に利用できる体内酵素量(消化酵素と代謝酵素の合計量)は一定と決まっています。

 

代謝酵素を多く利用するために、消化酵素を節約する

 

そのため、代謝酵素を多く利用するには、食事に使用する消化酵素を節約することが重要になります。

 

酵素入りスムージーを飲むと、代謝が上がる理由

 

酵素入りスムージーは、消化酵素を節約するために最適な食事なのです。

 

酵素入りスムージーが、消化酵素節約に最適な食事である理由

酵素入りスムージーを飲むと、代謝が上がる理由

 

酵素入りスムージーは生の野菜と果物で構成されるため、食物酵素を多く含んでいます


また、撹拌されていることにより、食物酵素も活性化しています。

 

そのため、食事として摂取した場合、スムージー中の活性化した食物酵素がスムージー自身の消化を行います。

 

酵素入りスムージーを飲むと、代謝が上がる理由

 

このため、酵素入りスムージーを摂取しても、消化酵素を節約でき、代謝酵素を多く体内で多く利用することができます。

 

酵素入りスムージーを飲むと、代謝が上がる理由

 

酵素入りスムージーを食事に取り入れることで代謝が上がり、美肌、便秘解消、ダイエット効果が得られるのです。

 

 

酵素入りスムージーのおすすめレシピ

緑の葉野菜を使った酵素入りグリーンスムージー

緑の葉野菜を使った酵素入りグリーンスムージー

 

酵素入りグリーンスムージーの特徴
緑の葉野菜を使った酵素入りグリーンスムージーは、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が豊富に含まれています。 

 

またタンパク質のもととなるアミノ酸も豊富に含まれています。

 

グリーンスムージーは栄養バランスがよい食事であることが特徴です。

 

小松菜を使った酵素入りグリーンスムージー

緑の葉野菜を使った酵素入りグリーンスムージー

■小松菜とバナナとパイナップルのスムージー
《材料1人前》
〇小松菜90g(3束)
〇バナナ70g(1本)
〇パイナップル130g

パイナップルは芯もスムージーに使えます。

パイナップルの芯には実よりも多くの高い栄養価があります。

また芯にはプロメニンという酵素が豊富に含まれています。

 

プロメニンは消化を助けたり、腸の老廃物を分解しガスの発生を抑える効果があります。

 

ほうれん草を使った酵素入りグリーンスムージー

緑の葉野菜を使った酵素入りグリーンスムージー

■ほうれん草とバナナのスムージー
《材料1人前》
〇ほうれん草86g(2束)
〇バナナ300g(2本)

ほうれん草の鉄分含有量は、野菜の中でトップクラスです。

 

また鉄と共に造血のビタミンである葉酸の働きに加え、ビタミンCが鉄の吸収を助けるため、貧血予防に効果的です。

 

ほうれん草は生で使います。

シュウ酸による結石が気になるところですが、週2回程度の摂取量なら問題ありません。
 

果物や葉野菜以外の野菜を使った、酵素入りカラースムージー

果物や葉野菜以外の野菜を使った酵素入りカラースムージー

 

酵素入りカラースムージーの特徴

果物やパプリカには、葉野菜とは異なるビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維が含まれています。

 

特に食物繊維については、葉野菜には少ない水溶性食物繊維が豊富に含まれていることが特徴です。

 

果物や葉野菜以外の野菜を使った酵素入りカラースムージー

 

グリーンスムージーとカラースムージーとバランスよく摂取すると美容、健康効果をより高く得ることができます。

 

トマトと赤パプリカとバナナの酵素入りカラースムージー

果物や葉野菜以外の野菜を使った酵素入りカラースムージー

 ■トマトと赤パプリカとバナナのスムージー
《材料1人前》
〇トマト120g(2束)
〇赤パプリカ80g(1/2個)
〇バナナ100g(1本)

トマトの彩る赤色の色素、リコピンには動脈硬化の予防効果があります。
血圧を安定させ、抗酸化作用があるためです。

 

リコピン以外にもβカロテン、ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用のあるビタミンが多く含まれています。

 

キウイとトマトときゅうりの酵素入りカラースムージー 

果物や葉野菜以外の野菜を使った酵素入りカラースムージー

■キウイとトマトときゅうりを使ったスムージー
《材料1人前》
〇キウイ200g(1個半)
〇トマト150g(中1個)
〇きゅうり87g(1本)

キウイは皮ごと使います。キウイの皮には、実の2倍の食物繊維が含まれています。


またキウイには抗酸化作用のあるポリフェノール、ビタミンEが含まれており、アンチエイジング効果は非常に高い果物です。

 

スムージーを作るポイント

水分の多いフルーツから混ぜること

葉野菜など水分が少ないものから混ぜると、ミキサーやハンドミキサーの刃が空回りしてしまいます。

 

最初に水分の多いバナナ、リンゴといったフルーツを入れることで混ぜやすくなります。

 

 

酵素入りスムージーのおすすめ商品

商品を選ぶポイント

野菜や果物の種類が多いこと

野菜や果物の種類が多いと、含まれる酵素の種類が多くなります。

 

食物酵素は基質特異性という性質があり、1つの酵素には1つの働きしかしません。具体的には唾液中のアミラーゼという酵素はでんぷんの消化にしか働きません。

 

よって多くの種類の野菜や果物が入っていることがポイントです。

 

飲みやすく、飲み続けられること

商品を選ぶポイント

 

スムージーは継続しなければ美容、健康効果を発揮することはできません。

 

そのためにも飲みやすく、続けられることが重要です。

 

価格

商品を選ぶポイント

 

価格が高いと感じてしまうと長期間続けることができません。

 

1食あたりの価格を把握しておきたいところです。

 

添加物を使用していないもの

商品を選ぶポイント

 

体のために飲む酵素入りスムージーなので、自然の食品で作られたものがいいでしょう。

 

具体的には増粘剤、香料、合成着色料、人工甘味料は添加物であるため、これらが配合されていない酵素入りスムージーを選択することがベターです。

 

おすすめ商品 

ミネラル酵素グリーンスムージー

業界では売上No,1を誇る粉末スムージーの代表選手です。


マンゴー味、アサイーバナナ味、はちみつレモン味、豆乳抹茶味の4種類から選べます。


今回はマンゴー味について解説します。

  • 野菜や果物の種類〇・・・野菜や果物、海藻類、豆など202種類
  • 飲みやすさ〇・・・甘くて濃厚で飲みやすい
  • 価格◎・・・1食6gあたり約130円 内容量160g 
  • 添加物△・・・増粘剤、香料  ※甘味料のステビアは天然甘味料

一番メリットは価格の安さです。1食あたり約130円です。スムージー生活を始めたい初心者におすすめの商品です。

 

もぎたて生スムージー

@cosmeの口コミランキングで1位を獲得したスムージーで、人気も高いです。


はるな愛さんや東尾理子さんが、この商品でダイエットに成功したことで有名です。

今回はミックスベリー味について解説します。

  • 野菜や果物の種類◎・・・イチジク、エリンギ、ほうれん草など328種類以上
  • 飲みやすさ〇・・・やや酸っぱめだが飲みやすい。ミルクを入れたら更に美味しく飲める
  • 価格〇・・・1食6gあたり約200円 内容量180g 定期購入初回は1袋1980円⇒1食66円
  • 添加物△・・・増粘多糖類、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料   ※着色料は天然着色料
野菜や果物の種類が多いため、より多くの種類の酵素を摂取できることがメリットです。
 
ミルクを入れて飲めるなど飲み方のバリエーションも豊富です。

定期購入初回が大幅に値引きされているため、こちらもスムージー生活初心者におすすめです。
 
▼▼▼商品はこちらから

 

GREEN SPOONスムージー

「王様のブランチ」、「ハナタカ」などのテレビで紹介され、冷凍スムージーの定額宅配サービス(サブスク)として話題になりました。

 

自分に必要な野菜や果物を診断してもらい、パーソナルスムージーを作ってもらいます。

 

そのパーソナルスムージーを毎月宅配されるという活気的なサービスです。

  • 野菜や果物の種類◎・・・自分に必要な野菜や果物を提供される。
  • 飲みやすさ◎・・・生の野菜や果物の味を味わえる
  • 価格△・・・1食200gあたり、900円
  • 添加物◎・・・不使用
品質としては、業界では最高品質のスムージーだと思います。
 
体の健康に徹底的にこだわる人におすすめです。
 
商品はこちらから▼▼▼

 
 

まとめ 

まとめ

酵素入りスムージーとは

非加熱で作られたスムージーのことであり
  1. 生の野菜や果物などをミキサーで作るスムージー
  2. 非加熱で作られる粉末タイプのスムージー
の2種類があります。
 
よって加熱殺菌された飲料用のスムージー(市販品)には酵素は含まれていません。
 
 
また酵素入りスムージーの効果には3つの効果があります。
  1. 美肌
  2. 便秘解消
  3. ダイエット
これは酵素入りスムージーを食事とすることで、代謝が上がることが要因です。
 
酵素は5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)と並び、重要な栄養素です。
 
美肌、便秘解消、ダイエット効果を得たい人は、今日からスムージー生活を始めましょう。
 
ミキサーの野菜、果物さえあれば始めることは可能です。
 
作るのが面倒だと感じる方は市販品からスタートしてみましょう(^_-)-☆
 
 
 
 
スムージーの全般的な情報は、こちらの記事に書いてます。

スムージーについて幅広く知りたい方は、あわせて読んでみてください(^_-)-☆