スムージーピュアライフ

スムージーでダイエット・美肌・腸活を応援!

ブログ初心者が、SEOに強いブログのサイト設計を作る方法。

           SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブラガーから学んだこと

 

どーも、Shotaです(^^)/

 

長期間、ブログを書いている人の悩みに閲覧数の伸び悩みがあります。
特にGoogleからの流入が少ないことに、課題を持っている人は多いのではないでしょうか?

 

Googleからの検索順位を上げるには、SEOに強いサイトや記事にしなくてはなりません。

 

SEOとは検索エンジンの最適化です。

つまり、特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整することです。

 

SEO強化にはコンテンツ内容と同じくらいに、サイト設計をきっちり行うことが重要です。

 

サイト設計とは、ブログを立ち上げる際の「設計図」を作ることです。

SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブラガーから学んだこと

出典 mana blog https://manablog.org/seo-architecture/ 

 

今回はトップブロガーのマナブさんから、SEOに強いサイト設計の方法を学びましたので紹介します。

 

ブログの閲覧数を上げたい方、特にブログで収益を上げたい方は実践してみてください。

 

 

 

ブログ初心者が目指すSEOに強いブログのサイト設計方法

SEOの強いサイト設計の例

SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブラガーから学んだこと

 

キーワードを揃えて、記事を階層化している

「英語 アプリ」がキーワードの場合、上図のように「英語 アプリ」までのキーワードを揃えて、階層化して記事を書くのがポイントです。

記事の下位層の記事の例です。

 

  • 「英語 アプリ リスニングの記事」では、「英語リスニングに最適なアプリ10選」
  • 「英語 アプリ TOEICの記事」では、「英語リスニングのTOEIC勉強に最適なアプリ10選」
  • 「英語 アプリ リーディングの記事」では、「英語リーディングの学習に最適なアプリ10選」

 

というようにキーワードごとに、階層化して記事を書いていきます。

 

そして上位階層の「英語 アプリのまとめ記事」では、「英語の学習アプリ総まとめ」というタイトル(仮)で下位階層の3つの記事を簡単に説明する記事を書きます。


これがSEOに強い記事のサイト構成の基礎になります。

 

上位層と下位層の記事が内部リンクが繋がっている

上階層の「英語 アプリのまとめ記事」では

 

  • 「英語 アプリ リスニングの記事」
  • 「英語 アプリ TOEICの記事」
  • 「英語 アプリ リーディングの記事」

 

の内容を簡単に紹介しながら、内部リンクで繋げます。

つまり、上位階層の「英語 アプリのまとめ記事」の中に、下位階層の3つの記事へつなげるリンクを文章中に埋め込むのです。

 

WEBサイトが、新聞や本などの紙媒体と大きく違うのは、リンクがあることです。

 

「ユーザーが必要に応じてページ間を、内部リンクを通して飛び回ることができる」

これはユーザーにとって有益なブログ設計であるため、Googleから評価されるのです。 

 

SEOに強いブログのサイト設計の具体的なやり方

        SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブロガーから学んだこと

 

手順1 自分の書きたい分野のキーワードを網羅的に取得する

まずは書きたい分野のキーワードを網羅的に取得します。
これは下記の関連リンク取得ツールを使います。

 

https://related-keywords.com/

 

「英語 アプリ」と入力すれば以下の図のように、検索結果が出てきます。

SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブラガーから学んだこと

ここで得たキーワードから、集客が見込めるキーワードを選定します。

 

手順2 キーワードを選定する

選定するキーワードは、上図の赤枠で囲ってある「ブレーン」の欄のキーワードです。

このキーワードをもとに、記事を書いていきます。

 

「ブレーン」の欄のキーワードは検索回数が多いため、自分の記事がGoogleで上位表示されれば、大量の閲覧数が見込めるからです。

 

手順3 階層化して、内部リンクで繋げる

関連キーワード取得ツールで検索に入れたキーワードを上位階層に、ブレインに表示されたキーワードを下位階層に配置し、それぞれ記事を書き、内部リンクで繋げます。

 

この手順1~3がSEOに強いブログのサイト設計の基本戦略になります。

 

 

初心者はまずはニッチな分野を狙う

         SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブロガーから学んだこと

 

英語学習関連のキーワード検索結果が下記になります。

SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブロガーから学んだこと

出典:HATARAKUのホームページより https://www.homeworkers.jp/ 

 

先ほどから例としている「英語 アプリ」の検索ボリュームは、オンライン英会話である「DMM英会話」と比較し、検索ボリュームが少なくニッチであることがわかります。

 

SEOの弱い初心者はまずは、ニッチな分野を狙いましょう。

 

 

まとめ

 

       SEOに強いブログのサイト設計とは?トップブロガーから学んだこと

 

今回はトップブロガーのマナブさんから学んだ、SEOに強いサイト設計の方法を紹介しました。 

 

SEOに強いサイト設計は

 

  • キーワードを揃えて記事を階層化する
  • 上位記事と内部リンクが繋がっている

 

ことが特徴となっています。

 

またこれを実現するために

 

  1. 関連キーワード取得ツールを使い、自分の書きたい分野のキーワードを取得する
  2. 関連キーワード取得ツールの検索結果から、「ブレイン」の欄のキーワードを選定する
  3. 検索に入れたキーワードを上位階層に、ブレインに表示されたキーワードを下位階層に配置して、それぞれ記事を書き内部リンクで繋げる

 

を実行します。

 

SEOの強いサイト設計の基礎部分になりますので、ブログを書く前に一度自分のブログを階層化して、どのようなサイト設計にするのか整理することをおすすめします。

 

 

SEOに関連するおすすめ書籍

mana blogのマナブさんがSEO対策におすすめしていた書籍を紹介します。

 

購入はこちらから▼▼▼

これからはじめる SEO内部対策の教科書

これからはじめる SEO内部対策の教科書

  • 作者:瀧内 賢
  • 発売日: 2012/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)