スムージーピュアライフ

スムージーでダイエット・美肌・腸活を応援!

安全な資産運用は、銀行貯金ではなく個人向け国債!その理由を解説。

          難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

 

どーも、Shotaです(^^)/

 

社会人になり働いた期間が長くなると、余剰資金が増えてくると思います。
余剰資金とは、「生活費や非常時に備えて残しておくお金を差し引いた資金」のことです。

 

老後など先行き不透明なこの時代、余剰資金を運用して将来のリスクに備えておきたいと考えている人は多いでのはないでしょうか?

 

今回は本書「難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!」(山崎元・大橋弘祐著)より、最も安全な資産運用と言われる個人向け国債について紹介します。

 

資産運用初心者の方は、ぜひ読んでみてください(^_-)-☆

 

【注意】以下の記事に記載されている、金利などの数字は2020年7月現在と大きく変わっています。本記事はあくまで「資産運用の考え方」としてお読みください。

 

 

 

最も安全な資産運用と言われる、国債を買うメリット

銀行より利回りがよい

       最も安全な資産運用は、銀行貯金ではなく個人向け国債!その理由を解説。

 

少し古いデータですが2015年時点で

  • みずほの定額貯金は0.12%(※)
  • 個人向け国債・変動金利型10年満期は0.38%(年平均)

です。

※みずほ銀行スーパー定期300、満期10年の場合

 

個人向け国債の方が、銀行より少しだけ利回りがよいのです。

 

2015年時点では国債の金利が低いため、利回りの差は少ないですが、今後金利があがったときは、それに合わせて個人向け国債の金利も上がります。

 

国債は、銀行に預けるより安全

       最も安全な資産運用は、銀行貯金ではなく個人向け国債!その理由を解説。

 

当たり前ですが、銀行と国のどちらが潰れるかと考えた場合、銀行が先に潰れます。

国債は、国が財政破綻、戦争に負ける、革命は起きるなどしない限り返済されないことはありません。

 

また国は、国債を発行し巨額の借金をしていますが、買い手がほとんど日本国民なのです。

 

よって、国債の借金を返せなくなったら、お金をたくさん刷って、国民に返済します。

 

国債はおろせないのは1年だけ、それ以降は実質元本割れすることはない

       難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

 

個人向け国債・変動金利型10年満期の場合、おろせないのは1年だけです。

それ以降はペナルティを払えばおろせますが、ペナルティの額は過去1年分の金利だけです。

 

つまり、もらった金利1年分を返すだけなので、実質的に元本割れすることはありません。

 

      難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

出典 難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください! 

 

買うべき国債は変動10年型

      

     最も安全な資産運用は、銀行貯金ではなく個人向け国債!その理由を解説。

出典 難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

 

個人向け国債は3種類あります。

 

  • 固定3年型
  • 固定5年型
  • 変動10年型

 

買うべきは変動10年型です。
理由は銀行にお金を預けることに対して、大きく損をすることはないからです。

 

変動型は長期金利(2015年9月18日時点で約0,35%)に合わせて変動します。

長期金利とは「銀行が金利を決めるときに目安としている金利」と覚えておけばよいです。

 

例えば将来、銀行の金利が長期金利を目安に、5%上がったとします。
このとき固定型だと0.3%のままなので銀行に預けた方が特になります。

しかし変動型は、そのときの長期金利に連動するため、銀行に預けてるのに比べて、ものすごく損をすることはないのです。

 

 

銀行の商品は買ってはいけない

銀行が儲かる商品を勧めてくる

       難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

 

本書では銀行では、個人向け国債以外に買うべき商品がないと断言しています。

理由は以下の通りです。

 

  • 銀行は電機屋がメーカーからテレビを仕入れて売っているのと同じで、銀行は他の会社の金融商品を窓口を売っているだけ
  • 銀行にとって儲かる投資信託や保険を勧めてくる

 

銀行は客が得するものではなく、銀行が得するものを売ろうとします。

 

銀行では、国債以外に買うものはないと覚えておきましょう。

 

 

まとめ

       難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!

 

本書「難しいことはわかりませんがお金の増やし方を教えてください!」(山崎元・大橋弘祐著)より、個人向け国債について紹介しました。

 

  1. 銀行より利回りがよい
  2. 銀行に預けているより安全
  3. 国債はおろせないのは1年だけ、それ以降は元本割れすることはない

 

という理由で、銀行よりも安全に資産運用ができます。

 

また買うべき国債は、個人向け国債・変動金利型10年満期です。

 

余剰資金で、ある程度の金額を、個人向け国債にあてることが無難です。
安全に資産運用したいと考えている方は、検討してみてください(^_-)-☆

 

【注意】国債や銀行の金利は、本書の2015年の数値と大きく変わっているため、金利は各人でご確認ください。

 

 

本書について

  1. 東大を卒業
  2. 三菱商事に入社、投資運用会社、保険会社、外資系会社など12の金融機関の仕事を経る
  3. 現在は楽天証券で客員研究員をしながら大学講師をしている

 

金融業界の第一線で働いてきた、山崎元氏が素人にでもわかりやすいように資産運用について解説した良書。

 

資産運用を始めようとしている人にはおすすめの1冊。

 

購入はこちらから▼▼▼

 

 

備考

本書「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」(山崎元・大橋弘祐著)を品用し、別の記事も書いています。

是非ご覧ください(^^♪

 

shotalovebooks.hatenablog.com

shotalovebooks.hatenablog.com