スムージーピュアライフ

スムージーでダイエット・美肌・腸活を応援!

転職を繰り返して、年収を上げていく方法

          転職と副業のかけ算

どーも、Shotaです

 

世の中には、転職して年収が上がる人と上がらない人がいます。
せっかくリスクを追って転職するなら、年収を大きく上げたいですよね。

 

 

驚くべきことに、転職は1回だけではなく何度も繰り返して、年収をどんどん上げていく人がいます。

 

本書「転職と副業のかけ算」に、転職を繰り返して年収を上げる方法が記載されていたので紹介します。

 

著者のmotoさんは、最初はホームセンターで働いており、年収は240万円だったのですが、4度転職を繰り返し10年で年収1000万円まで上げることに成功しました。

 

更に驚くべきことに、副業で年収4000万円も稼いでいます(笑)

 

今回は、転職を繰り返して年収を上げる方法にフォーカスして紹介します。

 

 

 

転職を繰り返し、年収を上げていく方法

職種を固体しスキルを上げ、年収の高い業界へ転職する

       転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

職種(営業、SEなど)を固定して働くことでスキルを上げ、年収の高い別の業界へ転職する方法です。

 

「軸ずらし転職」と言われる転職方法です。

 

著者の例を見てみましょう。

 

      転職を繰り返して、年収を上げていく方法

出典 転職と副業のかけ算 

 

年収は「職種×業界」で決まります。

 

もちろん役職や企業属性も影響しますが、大きな要素は「職種と業界」にあります。

 

実際に例を出すと

 

  • 金融業界大手の営業部長→年収1600万円
  • 小売り業界大手の取締役→年収900万円

 

という感じになります。

 

年収の高い業界は、「動くお金が大きく、かつ利益率が高い」業界が該当します。


例えば、商社やコンサル、金融、通信、広告、製薬などの業界です。

 

今在籍する会社で、スキルを上げて、上記のような年収の高い業界に職種を固定したまま転職するのです。

 

しかし、転職する多くの人が「同業同職種」を選び、若干の年収アップや、役職をつけることでキャリアアップをする道を選びます。

 

同業同職種への転職ではせいぜい年収50万円アップや、マネジャーや主任などに就くのが限界なのです。

 

同業同職種への転職よりも、軸ずらし転職の方が年収が上がりやすいのです。

 

軸ずらし転職で年収を上げるには、自分の市場価値を上げることが必須

        転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

上司の評価でなく、自分の市場価値を上げる

軸ずらし転職で成功するには、上司からの評価より市場からの評価を重視する必要があります。

 

自分の価値は、役職だけでは決まりません。役職はあくまでも「社内での役割」であって、社外に出たら、肩書き以上に「自分の実力」を見られます。

 

転職活動では、上司の評価や会社からの評価ではなく、転職市場における市場価値でライバルと比較されることになるのです。  

 

市場価値を上げる方法

自分の市場価値は

 

  • 会社の業績を伸ばすための本質を見極めて、効率的に行動する力
  • それによって会社に貢献した結果

 

により評価されます。

 

自分の市場価値を上げるには以下の5つの力を磨く必要があります。

 

  1. 論理的な思考ができる力  
  2. 構造的に物事を捉える力
  3. 物事を俯瞰し課題を特定する力
  4. 課題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せる力  
  5. ⑤ ①〜④を用いて組織をマネジメントする力

 

これらの能力は特別なものではなく、普段の仕事でも身につけることができます。

 

軸ずらし転職で成功するには「自分が経験がない仕事に挑戦する」など、自分を高められる機会に、どんどん飛び込む姿勢が大切です。

 

 

転職先の選び方

今儲かっている業界、儲かる見込みがある業界

        転職を繰り返して、年収を上げていく方法

給料は売上が立ってこそ出るものなので、儲かる市場に身を置くことが年収を上げる要素となります。

 

今伸びている業界

       転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

伸びている業界は、長い目で見れば将来役立つスキルが身につきます。


伸びている業界では、新しいポジションや今まで経験したことのない仕事が増えるので、貴重な経験値をえられるからです。

 

サラリーマンの人生は非常に長いです。


目先の年収や仕事内容で転職先を選ぶのではなく、その次の会社で達成したいことを見据えて選ぶことも重要です。

 

年齢と年収で選ぶ

        転職を繰り返して、年収を上げていく方法

「30歳で1000万円」という目標がある場合、逆算してキャリアを考える必要があります。

 

様々な選択肢がある中で

 

  • 次の次に叶えたいキャリアを実現できる会社はどこか?
  • その会社に何歳までに入っていたいか?

 

という視点で考え、同時に年齢と年収を加味していくと、必然的に行くべき業界やそこでのポジションも見えてきます。

 

 

転職エージェントの上手な活用の仕方 

転職エージェントを賢く活用する

        転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

転職するにあたり、ほとんどの場合は転職エージェントに仲介してもらうことになります。


転職エージェントは、転職先の紹介だけではなく、自分の市場価値を上げるためにも活用することができます。

 

自分の市場価値を客観的に確かめる

       転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

転職エージェントと面談することで、自分の市場価値を客観的に評価してもらうことができます。

 

著者は、定期的に自分の職務履歴書を更新し、転職エージェントと面談することで自分の値段を把握しています。

 

社内評価による値付けでなく、転職という労働市場で自分の値段を知ることは、日頃の仕事における努力の方向性を決めるうえでとても重要です。

 

闇雲に働くのではなく、年収の増加に紐づける経験を把握して仕事に取り組みましょう。

 

自分の課題を見つけることができる

       転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

自分にムチを打ってくれる転職エージェント仲良くしておくと、自分の課題をアドバイスしてくれることがあります。

 

面談で「自分の良いところ」だけではなく「よくないところ」や「伸ばすべきポイント」を教えてくれます。

 

直近の転職成功だけではなく、その次のキャリアまで見据えた提案をしてくれるのです。

 

 

まとめ

       転職を繰り返して、年収を上げていく方法

 

本書「転職と副業のかけ算」にて、転職を繰り返して年収を上げる方法を紹介しました。

 

職種を固定して働くことでスキルを上げ、年収の高い別の業界へ転職する、いわゆる「軸ずらし転職」と言われる方法が有効です。

 

ただし、軸ずらし転職を成功させるには、今の職場で経験のない仕事などに挑戦するなどしてスキルを磨き、自分の市場価値を高める必要があります。

 

僕は「同業同職種」の転職にしか知識がなかったので、本書の内容は目から鱗でした。
今後は自分の市場価値を向上させることを念頭に、仕事に励みたいと思います。

まずは転職エージェントの人と面談し、自分の市場価値を客観的に知るところから始めたいと思います。

 

 

本書について

  • 4度転職を繰り返して、10年で年収240万円から1000万円まで上げることに成功
  • 副業でも年収4000万円を稼ぎ出している

そんな著者の、転職と副業の成功ノウハウが書かれている。

 

これまでの同業同職種の転職と違い、大きく年収アップが期待できる軸ずらし転職方法は試してみる価値は十分にある。

また本職で得たスキルを、もとに副業で稼ぐスキルも惜しげもなく披露している。

 

今後のキャリアに悩んでいる人には必読の一冊。

 

購入はこちらから▼▼▼

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

  • 作者:moto(戸塚 俊介)
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)