スムージーピュアライフ

スムージーでダイエット・美肌・腸活を応援!

上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

           上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

どーも、Shotaです(^^)/

 

会社で働きながら自分が成果を上げるには、周囲の人の協力は欠かすことはできません。

 

 

その協力者の中でも、最も重要な人物こそ直属の上司です。


上司から信頼を勝ち得れば、仕事を数段早く、高い質で進めることができます。
一方、上司から信頼を得られなければ仕事は全く進みません。

      上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

本書「課長」から始める社内政治の教科書に上司から信頼を勝ち得る方法が書いてあったので紹介します。

 

世の中には困った上司は沢山います(笑)
しかし、上司をうまく攻略する以外に道はありません。

 

うまく攻略して仕事ができる人間を目指しましょう(^_-)-☆

 

本書の要点はここ

上司をクライアントと捉える

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

我々は上司を選ぶことはできません。
しかし自分に合わない上司は、世の中には沢山います。

そんなときはどうすればよいのでしょうか?

 

上司に関しては好き嫌いは捨てましょう。クライアントと捉えるのです。プロに達することは、好き嫌いを捨てることだと言ってもいいでしょう。

 

上司に欠点があることを前提に、いかに人間関係を作るべきか考えるべきです。

 

そのポイントは、モノの見方を変えることです。


モノの見方により上司の長所は短所にもなり、短所は長所になるということです。
だから常に上司の性質を観察するときには、よい光を当てることを習慣づけましょう。

      上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

細部にこだわりすぎる上司は見方を変えれば、細かいところにまで目が行き届く人物だと評価できます。

 

些細いなミスでも、ミスはミスなのです。
指摘されたときは「ご指摘ありがとうございました」と好意を伝えれば、相手も決して悪い気はしないはずです。

 

上司の求めていることを知る

        上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

上司の信頼を勝ち得るには、まず上司が求めていることを知ることが必要です。
自分の考えを披露したりやりたいことを実践するのは、あくまで上司の信頼を得てからです。

 

上司が求めているものを知る最も確実な方法は、上司が求めているものを直接聞くことです。

 

  • 今後、事業・商品をどのようにしたいと考えているのか?
  • 自分に求めている役割や目標は何か?
  • 自分の抱える仕事で何を優先させるか?その理由は?

 

このような話し合いをする場を設けるのです。
上司が置かれる環境や考えは残念ながら頻繁に変わるものなので、定期的に行うことがコツです。

 

億劫に感じられることかと思いますが、このプロセスを行うことで上司との信頼関係も強化されます。

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

躊躇せず実行してみてください。

 

仕事のやり方を上司に合わせる

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

仕事のやり方を上司に合わせることも重要です。

特にコミュニケーションの取り方には注意すべきです。いわゆる報告、連絡、相談(報・連・相)と呼ばれるものです。

        上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

  • 細かく報・連・相を欲しがるタイプなのか?
  • まとめて報告してほしいタイプなのか?
  • 口頭、文章どちらで報告してほしいタイプなのか?

 

上司の好みを把握し合わすことができれば、上司を安心させ信頼関係を強化することができます。

 

定期的に報・連・相を行う

        上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

上司は上層部に説明責任を負っています。


部長であれば、常に上層部に部内の状況を説明できなければなりません。
つまり上司は部下のことを、常に把握して置かなければならないのです。

 

上司は部下のことを把握できれば安心します。
そのためにも、自分の現状を上司に定期的に報・連・相する機会を設けましょう。
定期的というのがミソです。 

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

定期的に報・連・相をしていると、だんだん上司はあなたを信頼し見なくなります。
「何かあれば、彼は報告するだろう」となるのです。
これは信頼を勝ち得た証拠です。

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

そうなったときこそ、どんどん自分のやりたいことを上司に提案できるチャンスです。

 

上司から信頼を勝ち得る方法試してみた

癖のある上司のよい部分に光をあててみた

       上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

僕は2019年10月まで東京本社でマーケティング業務をする部署(マーケティング室)に在籍していました。

 

しかし、その時の上司はとても癖のある人でした(笑)

定年前の方でいかにも昭和の人でした。とにかくすぐにキレます(笑)
空気を読まず自分の論理に固執します。また他部署や部下とのコミュニケーションを苦手としていました。

 

しかしモノは味方です。彼の特徴について以下のようによい光を当ててました。

  上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

  • 非常に気性が荒い⇒仕事に、部下の成長に情熱的である
  • 論理に固執する⇒高い成功率の戦略を作ることができる
  • コミュニケーションが苦手⇒・・・これは困った。

 

上司はコミュニケーションが苦手です。

 

ただ僕がその部分を補えば、多くの人から信頼を得られるのではないかと思いました。

 

それが分かって以降は、重点的に他部署とのコミュニケーションのパイプ役を意識して仕事に取り組みました。

     上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

上司が求めていることを聞いてみた

      上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

初めて赴任した際、上司と面談し事業をどうしたいか聞いてみました。


彼は僕たちが所属する
マーケティング室が主体となり、マーケティングだけではなく商品開発もやりたい。だから研究所の僕を引き抜いた」
と話してくれました。

 

僕はその話を聞いて、道が開けたような気分になりました。


会社の未来を自分の部署が先頭に立って構築したいという彼の思いを聞き、それ以降は必死に働いて応えてきました。

        上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

上司への報・連・相の仕方を考えてみた

      上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

その上司は非常に気が短く、常に自分が状況を細かく把握したいというタイプでした。
そのため仕事を進めるときは現状を、何度も細かく報・連・相しました。

 

また非常に論理的に物事を考える人だったので、
  1. 現状
  2. 課題
  3. 結論
  4. 理由

の順番で話すことを徹底しました。最初は非常に大変でしたが自分の成長にも繋がったと思います。

 

上司との関係

     上司から信頼を勝ち得る方法、試してみた

 

あくまで部下個人の意見ですが、彼とは非常に硬い信頼関係で結ばれていたと思っています。僕が病気で東京を去る時は厳しい言葉を浴びせられましたが、最後は優しい言葉をかけてくれました。

 

癖が強く大変な上司でしたが、信頼を勝ち得るために実践した努力は無駄ではなかったと思っています。

 

まとめ

会社で働きながら自分が成果を上げるには、上司の信頼を勝ち得なければなりません。
信頼を勝ち得ることができれば、数段早く仕事で成果を上げることができます。

 

そのための方法

  1. 上司をクライアントと捉える
  2. 上司の求めていることを知る
  3. 上司の仕事のやり方に合わせる
  4. 定期的に報・連・相を行う

をぜひ実施してみてください!(^^)!

 

本書について

個人のスキル・ロジックだけでは人は動きません。
部下を動かし、上司を動かし、組織を動かすためには社内政治という非合理的なゲームに勝つ必要があります。

 

そのための秘訣が書かれたのが本書の「課長」から始める社内政治の教科書です。

 

人を動かす難しさに悩んでいる方、社内政治を利用し昇進を目指している方におすすめです。

 

購入はこちらから▼▼▼

社内政治の教科書

社内政治の教科書

 
「課長」から始める 社内政治の教科書

「課長」から始める 社内政治の教科書

  • 作者:高城 幸司
  • 発売日: 2014/10/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)